ビーフシチューの肉を柔らかくするには?その裏技とは?

スポンサードリンク

 最近、なんだか寒さを感じる時期になりましたね。
 寒いときにはなんと言っても

 

 ビーフシチューを食べたくなります。

 

 ビーフシチューを食べると
 心も体もほっかほかになって
 この寒い時期を乗り切れそうです。

 

 ですが!ビーフシチューを作ってるときに
 肉が固くなっちゃった!
 なんて悩みもよく聞きます。

 

 

 そこで今回は
 ビーフシチューの肉を柔らかくする方法
 まとめておきました。

 

 

 ビーフシチューの肉を柔らかくするには?

 ビーフシチューの肉を柔らかくする方法を調べたところ、
 以下の肉を柔らかくする方法が見つかりました。

 

 ヨーグルトを使った柔らかくする方法

 

 

 

 ビーフシチューとあまり結びつかなそうなヨーグルトですが、
 これが意外にも肉を柔らかくする効果があります。

 柔らかくする方法は

 

 1.まず、肉にヨーグルトをかけて揉み込みます。

 2.次にラップをして2時間ほど冷蔵庫に入れます。

 3.その後ヨーグルトを拭き取り、
   肉をシチューの具材として煮込みます。

 

 この動画は実はカレーの肉を柔らかくする方法ですが、
 ビーフシチューの肉でも問題なくできます。

 

スポンサードリンク

 

 キウイを使って肉を柔らかくする

 なんと、意外にも果物のキウイを使って
 ビーフシチューの肉を柔らかくできます。

 

 キウイ何か使って大丈夫なの?と思うでしょうが
 下の動画を見て貰えば分かります。

 

 

 

 キウイで肉を柔らかくする方法は

 

 1.まず、キウイをすり下ろしましょう。

 2.すりおろしたキウイを肉にかけて揉み込みます。

 3.ラップをして2時間冷蔵庫で冷やします。 

 4.キウイを拭き取り、肉をビーフシチューに入れて煮込みます。

 

 ちなみにキウイを使ってもなんと!
 味はほとんど変わらないのです!

 

 

 重曹(じゅうそう)を使って柔らかくする

 ビーフシチューを柔らかくする方法は
 重曹(じゅうそう)を使ってもできます。

 

 重曹って何?って思うかも知れませんが、
 重曹というのは炭酸水素ナトリウムの事です。

 

 詳しいことはこちらのサイトにて
 解説しております。

 

 炭酸水素ナトリウム何て使って大丈夫?
 と思っていることでしょうが、

 

 重曹に揉み込んで冷蔵庫に寝かせた後、
 肉をしっかりと洗って落とせば問題ないです。

 

 下の動画で重曹で肉を柔らかくする方法を
 解説しております。

 

 

 

 柔らかくする方法は大体同じですが、
 重曹を肉に揉み込んだ後に油大さじ1を絡めましょう。 

 

 

 麺棒(めんぼう)・フォークを使って肉を柔らかくする方法

 

 

 

 料理を作ったり食べたりするのに欠かせない
 麺棒(めんぼう)やフォークを使っても
 ビーフシチューの肉を柔らかくできます。

 

 肉を軟らかくするにはまず、

 

 1.ラップをしいたまな板に肉を並べ、
    上からラップをかぶせます。

 2.麺棒で肉を100回ほど叩きます。

 3.フォークで肉にまんべんなく穴をあけます。

 4.後はビーフシチューの具材として煮込むだけです。

 

 

 ビーフシチューの肉を柔らかくする方法でオススメなのは・・・

 ビーフシチューの肉を柔らかくする方法は
 さまざまな方法がありましたが、

 

 私としてはこの中だと、
 ヨーグルトを使うのがオススメかなと思います。

 

 何故かというと、
 キウイはわざわざビーフシチューの為だけに
 用意するのが面倒ですし、

 

 重曹というのも肉から洗い流すのに
 手間が掛かるかと思います。

 

 また、麺棒やフォークも特に材料はいりませんが、
 100回叩いたり、肉の1つ1つに穴をあけるというもの
 大変手間が掛かるかと思います。

 

 なのでヨーグルトを使って
 ビーフシチューの肉を柔らかくするのが
 一番手間が掛からないかなと私は思います。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す