震度とマグニチュードの違いってなんなの?

スポンサードリンク

震度とマグニチュードの違いとは何なのか?

 

熊本で震災が起こってから
早くも1ヶ月以上経過しようとしています。

 

今回の熊本地震も
とても大きい規模で下が、

今後いつ自分の身に
災害が起こらないとも限らないです。

 

そんな地震ですが、

よくニュース等で震度や
マグニチュードに関しての情報が流れます。

 

ですが、

震度とマグニチュードの違いとは
一体どんなものなのでしょうか?

 

なので今回は

震度とマグニチュードの違い

についてまとめてみました。

 

 

震度とマグニチュードの違いとは?

それでは

震度とマグニチュードの違い

について解説しますが、

 

マグニチュードというのは
地震の規模(大きさ)を表す尺度であり、

 

震度というのは
地震が起きた場所ごとの揺れの大きさ

という風になっています。

 

 つまり、

マグニチュードは地震全体の大きさを表していて
どの地域でも同じ数字を記録します。

 

その一方で震度は

地震が起きた場所ごとに計測するので
地域によって数値が異なります。

 

スポンサードリンク

 

震度とマグニチュードの違いは熊本地震でいうと

震度とマグニチュードの違いについて
これだけの説明ではしっくりこないかもしれません。

 

なので、

熊本地震だと
震度とマグニチュードはどうなってたか?

というのを見てみると、

 

まず、

4月14日21時26分に熊本県熊本地方
で発生した地震は

 

気象庁の観測で

マグニチュード6.5

という数値を観測しました。

 

このマグニチュードの数値は
地震の規模となりますが、

熊本のすべての地域で
マグニチュードは6.5と観測している

と考えてください。

 

その一方で

4月14日21時26分で発生した地震の震度は
地域ごとにこのようになっています。

(震度5弱以上のものを挙げました)

 

震度7:熊本県 益城町

震度6弱:熊本県 玉名市、西原村、宇城市、熊本市

震度5強:熊本県  菊池市、宇土市、大津町、菊陽町、御船町、
         美里町、山都町、氷川町、合志市

震度5弱:熊本県  高森町、阿蘇市、南阿蘇村、八代市、長洲町、
         甲佐町、和水町、上天草市、天草市

 

こうしてみると、

同じ熊本であっても
場所によって震度が違っているのがわかります。

 

同じマグニチュードの値であっても、

震源に近ければ震度が大きくなりますし、
震源から遠ければ震度の値も小さくなります。

 

 

震度とマグニチュードの違いまとめ

震度とマグニチュードの違いは

 

マグニチュード:地震の規模(大きさ)を表す尺度

震度:地震が起きた場所ごとの揺れの大きさ

 

という風になっています。

 

なんか震度とマグニチュードも
一緒なように考えていましたが、

こうしてみると
明確な違いが存在するものです。

 

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*