日傘の完全遮光について!100%と99%でどれだけ違う?

スポンサードリンク

日傘の完全遮光100%と99%とでは
どれくらい違うものなのか?

 

5月にもなってくると
紫外線が強い時期になります。

紫外線を長い時間浴びてしまうと、
肌に影響を与えることになるでしょう。

 

そんな紫外線から肌を守るアイテムとして

日傘

は必要です。

 

なので、日傘を買おうと
見ているところだと思いますが、

何やら「完全遮光」とか「100%」とかの
うたい文句が書かれた日傘を見ますね。

 

完全遮光つまり
100%紫外線を防いでくれる

と言われている日傘と

99%紫外線を防いでくれる

と言われている日傘では
一体どれだけの違いがあるのか?

 

なので今回は

日傘で完全遮光(100%)と99%では
どれだけ違うのか?

をまとめてみました。

 

 

日傘の完全遮光の1%の差はこれだけある

日傘の100%完全遮光と
遮光率99%では

一体どれだけの違いがあるのか?

というと、

 

結構違ってきてます。

 

まず、
物体に照らされた光の明るさの単位として

照度=ルクス(lx)

という単位があります。

 

そして、
真夏の太陽の照度は

10万ルクス

にもなるのです。

 

つまり、日よけ対策をしてないと
この日光を直接浴びるわけです。

 

日傘で遮光してくれるのは
1%の差となりますから、

10万ルクスの1/100として

1000ルクス

の差が

完全遮光(100%)の日傘と
99%の日傘にあるわけです。

 

 つまり、

完全遮光(100%)の日傘だと
太陽の光をよけてくれるけど、

99%の日傘だと
1000ルクス光を浴びてしまう

という事になるのです。

 

スポンサードリンク

 

日傘の1%の差はどれだけ影響がある?

日傘で完全遮光(100%)と99%の差は

1000ルクスの太陽光を浴びるかどうか?

という差があるのです。

 

ですが、

「1000ルクスとか言われても
 一体どれだけの違いがあるの?」

と思っていることでしょう。

 

1000ルクスの光は
一体どれだけの量になるのか?

というと、

 

テレビスタジオの照明に匹敵する

位の量になります。

 

「それくらいの差だったら完全遮光(100%)も
 99%も変わらないのでは?」

と思うかもしれません。

 

確かに

短時間だったら
テレビスタジオの照明くらいの光を浴びても
全く問題ないかもしれません。

 

ですが、

外で長時間、長い期間にわたって
浴び続けていたらどうでしょう?

 

少しのダメージだとしても
それが蓄積され続けると、

やがて大きなダメージへと変わります。

 

物でも長期間日光に当たり続けたせいで
日焼けをしたり傷んでしまった。

なんてことがあるくらいです。

 

なので、

完全遮光(100%)の日傘と
99%の日傘では

長期にわたる紫外線のダメージを防ぐかどうか?

にも差が出てくるのです。

 

 

日傘の完全遮光まとめ

最後にまとめておくと

日傘の完全遮光(100%)と99%の差は
1000ルクス(テレビスタジオの照明)の差がある

という事になるのです。

 

少しの光だったとしても
長い間さらされてたらダメージが蓄積されるので、

そんな小さいダメージを防ぐかどうか?
という差が両者に存在するのです。

 

とは言っても
紫外線は油断なりませんから、

日焼け止めを併用するなどして
十分に注意をするべきでしょう。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*