しいたけの栽培キットについて!作り方はどうすればいい?

スポンサードリンク

 今年の秋はしいたけを育てよう!ということで
 しいたけの栽培キットを購入しようと考えておられますね。

 しいたけ

 

 家で簡単にしいたけを作れると噂の栽培キットですから
 是非とも手に入れたいところです。

 

 ですが、しいたけの栽培キットって
 作り方はどうすればいいの?とか

 

 どんなことに気を付けないといけないの?
 と思われている事だと思います。

 

 なので、しいたけの栽培キットの作り方
 についてまとめておきました。

 

 

 しいたけの栽培キットの作り方とは?

 しいたけの栽培キットの基本的な作り方は
 以下の動画で解説をしています。

 

 

 このときポイントのなる部分は
 菌床(きんしょう)が水を含みやすいように
 割り箸で穴を開けていくということです。

 

 菌床というのはしいたけを育てるための
 人工的な環境の事です。

 

 しっかりと水を吸収できるように
 各面に2つずつ穴を開けていきましょう。

 

 そしたらバケツのようなものを用意して
 しいたけの栽培キットを一晩漬けておきます。

 

 このときしいたけの栽培キットが浮いてこないよう
 重しを上に乗せておきましょう。

 

 一晩漬け終わったら
 栽培キットをおぼんの上に置きます。

 

 これでしいたけの栽培キットを育てる
 下準備は完了です。

 

スポンサードリンク

 

 しいたけの栽培キットを育てるときの注意点

 しいたけの栽培キットを育てるときに
 いったいどんな注意点があるのかを
 まとめておきました。

 

日のあたらない場所に置く

 

 しいたけは植物ではなく菌類ですので
 特に光合成は必要ではなく、

 

 むしろ日のあたるところに置くと
 乾燥してしいたけが育たないので、

 

 しいたけの栽培キットは
 日のあたらない涼しい場所に置きましょう。

 

 また、ビニール袋を栽培キットにかぶせる
 湿度を保てるので育ちやすくなります。

 

霧吹きをこまめにかける

 

 しいたけは乾燥すると育ちにくいですから
 表面が乾いてきたら

 

 霧吹きを使って水が全体に染みるくらい
 水を与えておきましょう。

 

 そうすることで水分だけでなく
 湿気の多い環境を作れるので
 しいたけが育ちやすい環境になります。

 

 ちなみに霧吹きで水を与える回数は
 1日2回くらいで十分です。

 

 

 しいたけの栽培キットまとめ

 しいたけの栽培キットでの作り方は以上です。

 

 しいたけの栽培キットは見た目は
 気持ちが悪く見えますが、

 

 栽培キットを使うのが初心者にとって
 一番しいたけを育てやすい方法です。

 

 なのでしいたけを栽培キットで作るときは
 是非ともこの方法を参考にして頂けたらと思います。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す