厄払いの服装は何がいい?普段着でいっていいの?

スポンサードリンク

 厄払いの服装は普段着を着ていってもいいの?

厄払い

 

 新しく新年を迎えて、
 今年はいい年になりますように!

 と思っているところですが、
 何か忘れていませんか?

 

 そう、今年はあなたの

 厄年なのです!

 

 厄年だと今年いっぱいは
 災いが降りかかりますので、

 そうならないためにも
 厄払いをしておきましょう。

 

 とは言っても

 厄払いに行くときの服装は
 どんな格好で行けばいいの?

 と思われているはずです。

 なので

 厄払いに行くときの服装をまとめました。

 

 

 厄払いに行くときの服装は何がベスト?

 厄払いに行くときには
 どんな服装が良いのか?

 と言いますと、

 特に決まっていません。

 

 とは言ってもこれで終わっては
 記事を読む意味はありませんので、

 厄払いでベストな服装は何か?

 という意味で答えさせていただくと、

 スーツ

 が厄払いの服装で一番ベストです。

 

 なぜ
 スーツが一番ベストな服装なのか?
 といいますと、

 厄払いを行う神社やお寺が
 神聖な場所であるから

 というのが理由となります。

 神聖な場所ではしっかりとした服装で
 厄払いを行わないと、
 災厄を払いきれません。

 

 それに
 神社やお寺によっては
 普段着での厄払いを禁止しているところもありますので、

 どこでも厄払いをできるように
 スーツを着るのが一番ベストなのです。

 

スポンサードリンク

 

 厄払いの服装は普段着でもいいの?

 厄払いに行くときの服装はスーツがベスト

 だとは書きましたが、

 

 厄払いの服装は実際の所
 スーツと普段着は半々ですので、

 普段着で厄払いに行っても場所によっては問題ありません。

 

 ただ、普段着はいいと行っても、
 流石に

 派手すぎる格好やカジュアルな格好は
 厄払いの服装として相応しくありません。

 

 厄払いというのはあくまで
 今年の災厄を払う事ですから、

 わざわざ派手な服装をする必要はありません。

 それに神社やお寺は神聖な場所なので
 派手な服装やカジュアルな服装は相応しくありません。

 

 また、それ以外にも
 神社やお寺という場所を考えると

 服装の清潔感にも気を付けましょう。

 

 

 厄払いの服装まとめ

 厄払いの服装で一番ベストなのは

 スーツです。

 また、普段着でもいいのですが、

 派手な服装やカジュアルな服装は
 神社やお寺に似つかわしくないので
 やめておきましょう。

 

 自分に降りかかる災厄を払うためにはまず、
 服装からちゃんとしておくべきです。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*