空梅雨の挨拶はどうなる 時期としていつ頃使うといいの?

空梅雨の挨拶はどんな言葉を用いるの?

 

梅雨に入ったにもかかわらず
雨が降らない日が続くことから

 

空梅雨かなぁ

と思っているかと思います。

 

そしてそんな空梅雨のときに
手紙の挨拶ではどのような文章を用いるのでしょうか?

 

 

空梅雨の挨拶はどのようになっている?

空梅雨の挨拶としましては
例としてはこのような文章も用います。

 

・薄暑の候、今年は空梅雨を思わせる空模様が続いております。

・今年は空梅雨になるとの予報ですが、夏場の水不足が気がかりです。

・空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

・深緑の候、空梅雨を思わせる毎日ですが体調を崩されてはおりませんか。

・梅雨というのに雨が少なく、今年は空梅雨のようです。

 

上記のような感じで、

 

空梅雨を思わせるような天気が続いてる時期に
相手の体調を心配するような文章や、

空梅雨になったということで
水不足を心配するような文章、

 

さらには、

梅雨に入ったにもかかわらず
雨が少なくて今年は空梅雨を思わせる

という意味の文章が挨拶として用いられます。

 

空梅雨になったことで
梅雨による気温の変化こそ起こらなくなったと思いますが、

 

その反面、

空梅雨によって晴れの日が続いて
その暑さで体調を崩さないように気を遣ったり、

 

晴れの日が続くことによって
水不足を心配するような文章が用いられます。

 

スポンサードリンク

 

空梅雨の挨拶は時期的にいつ用いればいいのか?

空梅雨とは

梅雨の時期に雨が少ない時に対して
使われる言葉となっていますので、

 

空梅雨という言葉は
梅雨の期間中は使用できる言葉となります。

 

そして

空梅雨かどうかを判断する基準は
気象庁による説明では

 

梅雨期間に雨の日が非常に少なく、
降水量も少ない場合をいう

となっており
非常にあいまいなものとなっています。

 

だから、

降水量が何mm以下とか
雨の日が何日続いたとかで

空梅雨かどうかは判断できないものです。

 

なので、
空梅雨を挨拶として使うポイントとしては

 

梅雨に入ったにもかかわらず
雨が降らない日が何日も続く

という時に使うようにしましょう。

 

ただ、

手紙を書いているときは
雨が降らなかったにもかかわらず、

 

相手に届く時期には雨が降るようになった

なんてことだってありますので、

 

天気予報で相手方の地域の天気を
数日後までチェックするようにしましょう。

 

 

空梅雨の挨拶まとめ

空梅雨の挨拶につきましては以上です。

 

空梅雨の時期は非常にあいまいですので、

梅雨に入ったにもかかわらず
雨が少ない時を狙って使うようにしておきましょう。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

コメントを残す

*