陽春の候は何月に使えばいいの?

スポンサードリンク

陽春の候は何月に使うのか?

 

手紙の挨拶として

陽春の候

という言葉が使われますが、

 

陽春の候とは
何月に使われる挨拶なのでしょうか?

 

 

陽春の候は何月に使われるの?

陽春の候とは
何月に使われる季語なのかと言えば

 

基本的には陽春は

4月の季語

だとされていて、

 

陽春の候を使用する時期も大体

4月上旬~下旬頃

となっています。

 

陽春という言葉の意味は

・陽気な暖かい春

・春真っ盛り

という意味になっていて、

 

春の陽気に満ちた温かい時期や
春まっ盛りと言える時期と言えば

新暦だと4月

となっていますので、

 

陽春の候は何月に使うかと言えば

4月上旬~下旬頃

に使う挨拶となっているのです。

 

 (陽春の意味については
こちらの記事でもまとめています↓

陽春の意味はこうでいつからいつまで使う?)

 

ただ、
4月頃でも近年だと

暖かくなったと思ったら冷え込んだ

なんて事もありますし、
その逆のパターンも存在します。

 

そして近年では3月頃でも

4月並みに暖かくなって
暖かい日が数日ほど続く

という場合に対しても
陽春の候は使う事が出来ます。

 

なので、
陽春の候は4月だけでなく

 3月中旬~下旬頃

の暖かくなってきた時期にも
使う事ができる挨拶となっていますし、

 

4月であっても
冷え込むような日が続くようであれば

陽春の候

という挨拶は使わないようにしましょう。

 

ただ、

5月にもなれば
暦の上では夏となってしまいます。

(詳細はこちら↓

立夏の候っていつからいつまで使えばいいの?)

 

なので、

陽春の候という挨拶は
4月下旬いっぱいまで使うようにして

 

5月に入ったら
それにふさわしい挨拶を使うようにしましょう。

 

(5月の挨拶についてはこちら↓

新緑の候はいつからいつまで使えるのか?

万葉の候の時期はいつなの?

薫風の候の意味とは 時期としていつからいつまで?)

 

 

スポンサードリンク

 

陽春の候は何月に使うかは他にも?

陽春の意味は他にも

陰暦正月の異称

という意味が存在していて、

 

昔は正月は

旧暦1月の別名

とされていました。

 

そして旧暦1月は現在で言うと

大体2月上旬~3月の上旬頃

に相当する時期に当たります。

 

昔は1月~3月が春だとされていて

新春などの言葉に代表されるように
正月に春という言葉が使われていました。

 

(正月と春に関連した記事はこちら↓

新春の意味にはどんな由来が存在するのか?

初春の候の意味とは?いつからいつまで使うのか?)

 

ただ、

現在だと2月上旬~3月上旬頃は
まだまだ寒い時期となりますので、

 

陽春の候という言葉を使う時期としては
現在だとふさわしくないとされています。

 

 

陽春の候は何月まとめ

陽春の候は何月に使う挨拶なのかと言えば

4月頃に使う挨拶

となっています。

 

ただ、

4月でも気温が低い日が続くようなら
使うのを控えるようにする等

見極めることが重要になってきます。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*