銀杏をレンジで!封筒に入れると簡単にむける?

スポンサードリンク

 秋も深くなってきましたが、
 この時期になると銀杏が採れます。

銀杏

 

 銀杏の種はとっても美味しくて
 毎年のように食べたくなりますね。

 

 ですが、銀杏の種は取っても固くて
 皮をむくのがとっても困難!

 

 「簡単に銀杏の皮をむく方法って
 どこかにないの~!?

 

 と思われている事だと思いますが、
 銀杏は封筒に入れてレンジで温めれば
 なんと簡単に皮をむけてしまうのです!

 

 「封筒に入れてレンジで温めれば簡単にむける?
 そんなばかな~」と思うでしょうが事実です。

 

 なので銀杏を封筒に入れてレンジで温める方法
 についてまとめておきました。

 

 

 銀杏を封筒に入れる方法

 まずは銀杏を封筒に入れて見ましょう。

 

 銀杏を封筒の中に入れる前に
 まず、トンカチやペンチを使って
 銀杏に軽くヒビを入れておきましょう。

 

 そうしないと銀杏の中の空気が膨張して爆発し、
 銀杏の種が飛び散ってしまいます。

 

 そして次は茶封筒をぬらして、
 2枚重ねにしておきましょう。

 

 

 

 そしたら今度は封筒の中に銀杏と塩少々を入れて、
 この動画のように3回くらい折り曲げておきましょう。

 

 こうすることで銀杏が封筒の外に出るのを
 防ぐ効果があります。

 

 

 銀杏をレンジで温めてみよう!

 銀杏を封筒に入れましたので
 今度はレンジに入れて温めましょう。

 

 

 

 電子レンジは600wに設定をして
 約1分ほど温めておきましょう。

 

 あまり長い時間温めてしまうと
 銀杏が固くなってしまいます。

 

 温めている間にレンジからポンポンと音がしますが、
 これは皮が割れている音ですので
 慌てて中から出す必要はありません。

 

 1分が経過したら封筒をレンジから取り出して、
 中を開けて銀杏を取り出しましょう。

 

 たまに皮が割れてないことがありますが、
 ペンチなどの道具を使えば
 簡単に銀杏の皮を割ることが出来ます。

 

スポンサードリンク

 

 銀杏を封筒に入れてレンジで温めまとめ

 銀杏を封筒に入れてレンジで温める方法は
 以上となります。

 

 封筒に入れると言いましても
 事前に銀杏の皮に傷を付けておかないと

 

 中身が飛び散ってしまいますので
 その辺りの注意は必要となります。

 

 銀杏を簡単にレンジで作れてしまうので
 ついつい食べ過ぎてしまうかもですが、

 

 銀杏は食べ過ぎると中毒を引き起こすので
 食べ過ぎないよう注意が必要です。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*