渋柿を焼酎に付けると甘くなる!?なぜ?子供が食べて大丈夫?

スポンサードリンク

 渋柿を焼酎に付けると甘い柿になるって聞いたけど本当?

 

 数年前に植えた柿の木に
 今年ようやく柿の実が実りましたね。

 「やっと美味しい柿が食べられるぞ~」

 と思っていると・・・

渋柿

 

 まだ渋柿だったではありませんか!!

 

 「渋柿だと食べられないし、
  かといって干し柿は正直あまり好きじゃないからなぁ」

 とお悩みかと思われます。

 

 でも、大丈夫!

 渋柿は焼酎を使えば
 甘くすることが出来るのです!

 

 

 渋柿が焼酎で甘くなるって本当なの?

 「渋柿が焼酎で甘くなると言われても本当なの?
  というかどうして甘くなるの?」

 と思われていることでしょう。

 

 本当です。

 渋柿は焼酎を使えば
 甘くすることが出来ます。

 

 なぜ渋柿を焼酎で
 甘くすることが出来るのか?

 と言いますと、

 

 渋柿の渋みの原因は

 タンニン

 と呼ばれる植物に含まれる
 水溶性(水にとけやすい)化合物であり、
 渋柿にタンニンが含まれています。

 

 タンニンが口の中に含まれると

 舌や口の中に含まれる粘膜の
 タンパク質と結合するので、

 渋柿の味が渋いと感じてしまいます。

 

 タンニンのせいで渋柿は渋いのですから、
 逆に言うと

 渋柿を甘い柿にするためには
 タンニンを取り除く必要があります。

 

 なのでここで焼酎の出番となります。

 

 焼酎に含まれるアルコールは
 柿と触れることによって酸化して、

 アセトアルデヒド

 という物質を作り出します。

 (ちなみにこのアセトアルデヒドは
  二日酔いの原因でもあります)

 

 アセトアルデヒドはタンニンと結合しやすく

 水溶性(水にとけやすい)タンニンを
 不溶性(水にとけない)タンニンに変化させます。

 

 その結果、

 口の中に柿を入れてもタンニンが溶けなくなって
 柿を渋いと感じなくなるのです。

 

 「アルコールだったら
  焼酎を使わなくても良いんじゃないの?」

 と思うかも知れませんが、

 中にはブランデー等を使って
 渋柿を甘柿にする人もいますので、

 アルコールだったら焼酎に拘らなくても
 特に問題はありません。

 

スポンサードリンク

 

 

 焼酎を付けた渋柿は子供が食べても大丈夫?

 「渋柿を焼酎に付ける理由は分かったけど、
  焼酎に付けた渋柿を子供が食べても大丈夫なの?」

 と思うかも知れませんが、

 特に問題はありません。

 

 上でも書いていますが

 焼酎に含まれるアルコールは
 柿に触れて酸化しますので、

 柿の中にアルコールは残りません。

 

 それに渋柿を焼酎に付けるといいましても、
 どっぷりと漬けるというわけではなく、

 

 

  こちらの動画のように
 渋柿のへたの部分を焼酎に付けるだけですので、

 そんなに焼酎に多く触れるわけではないのです。

 

 なので、

 焼酎に付けた渋柿は子供が食べても
 特に問題はありません。

 

 

 渋柿を焼酎に付けると甘くなる?まとめ

 渋柿を焼酎に付けると甘くなるのか?
 というのは本当です。

 

 意外にも焼酎に含まれるアルコールには
 渋柿に含まれるタンニンを口の中で溶けなくする効果があり、

 アルコール自体も酸化して無くなってしまうので、
 甘くなった渋柿を子供が食べても大丈夫なのです。

 

 なので、
 渋柿を甘くしたいときには
 ぜひともこの方法をおためし下さい。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す