深冷の候の時期はいつからいつまで 読み方や意味も

深冷の候の時期はいつからいつまで?

 

季節の挨拶として

深冷の候

がありますが、

 

深冷の候の時期は
いつからいつまでなのでしょうか?

 

 

深冷の候の時期はいつからいつまで?

深冷の候の時期はいつからいつまでかは

11月中

が目安になってます。

 

深冷というのは

大気が冷たく感じるようになって
寒さが深まってきた時期に使われる言葉です。

 

12月は寒さが本格的なる時期なので
使用するのは遅すぎますし、

かといって10月だとまだ
寒さが深まる時期には早いと言えるでしょう。

 

なので

深冷の候の時期は
寒さが感じられるようになる11月

になりますし、

 

11月の初め頃から11月末頃まで

を目安として使うことができます。

 

 

深冷の候の読み方は?

深冷の候の読み方は

深冷の候(しんれいのこう)

となります。

 

季節の挨拶は基本的に
音読みで読むことになってますから

「深冷」の部分は
「深冷(しんれい)」と読むのが正しいです。

 

 そして「候」の部分は

「候(そうろう)」と読むことができますが
「候(こう)」と読むのが正しいので

間違えないようにしておきましょう。

 

  

スポンサードリンク

 

 深冷の候の意味は?

深冷の候の意味は

 

風が冷たくなって寒さが深まってきた時期になりましたね

空気が冷たくなっていよいよ寒くなり始めた季節になりましたね

 

となります。

 

深冷の意味は

空気が冷たくなって寒さが深まってきた

となりますので、

 

気温が下がってきて

冬の寒さが近づいてるようなときに
使用される言葉になります。

 

そして「候」には

季節や時節、時期、時候

といった意味が存在しています。

 

だから、

空気が冷たくなってきて
寒さが深まってきた季節の挨拶として

 

深冷の候

が使用されるのです。

 

そして11月にもなると

空気が冷たくなってきて寒さが深まるので
挨拶として使われるのです。

 

 

深冷の候の例文まとめ

 深冷の候を挨拶として使用した例文は
こちらになっています。

 

拝啓 深冷の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

拝啓 深冷の候、皆様におかれましてはますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます

拝啓 深冷の候、皆々様におかれましてはますますご壮健のことと拝察いたしております

拝啓 深冷の候、肌寒くなって参りましたがいかがお過ごしでしょうか

拝啓 深冷の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます

 

 

深冷の候の時期はいつからいつまでまとめ

深冷の候の時期はいつからいつまでかは

11月初めから11月末頃まで

が目安になってます。

 

なので

相手に手紙が届く時期などを考えたうえで
深冷の候を季節の挨拶として使いましょう。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

コメントを残す

*