寒気の候の読み方や意味は 時期はいつからいつまで?

寒気の候の読み方や意味は?

 

季節の挨拶で

寒気の候

とありますけども、

 

寒気の候の読み方や意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

 

寒気の候の読み方は?

寒気の候の読み方は

寒気の候(かんきのこう)

となっています。

 

 寒気の候の「寒気」は

寒気(さむけ)

とも読むことができますし、

 

「候」という感じについても

候(そうろう)

と読むことができますが、

 

基本的に季節の挨拶は
音読みで読むのが基本となりますので、

 

 寒気の候(かんきのこう)

と読むのが正しいです。

 

 

寒気の候の意味は?

そして寒気の候の意味は
どのようになっているのかといえば、

 

寒さを感じられる季節になりました

冷たい空気が身に染みる時期になりましたね

 

という感じになります。

 

寒気の意味はそのまんま

寒さ、冷たい空気

となっています。

 

そして「候」という言葉には

季節や時節、時候

といった意味が存在しています。

 

なので、
寒気の候という挨拶が使用されるときは

寒さが感じられる季節になりましたね

といった意味になるのです。

 

また、

寒さとか冷たい空気が
感じられるようになる季節や時期ということで

 

冬のシーズンに
使用される挨拶となっています。

 

 

スポンサードリンク

 

寒気の候の時期はいつからいつまで?

寒気の候は時期として
いつからいつまで使用されるかといえば

 

12月頃

に使用される挨拶となります。

 

 12月のいつ頃から
寒気の候を使用すればいいかといえば

 

12月7日頃

から使用するのが目安となります。

 

12月7日頃からは旧暦で言えば

大雪(たいせつ)

と呼ばれる時期になりまして、

 

大雪は

雪が激しく降り始める頃

という意味もあります。

 

雪が激しく降り始める大雪の時期から
寒気の候を使用するのにちょうどいいですね。

 

そして寒気の候は

12月末頃まで

を使用する時期として考えましょう。

 

1月頃になると

冬の寒さも本格化してくるので
寒気の候を使用するのにふさわしくないでしょう。

 

 

寒気の候の例文は?

寒気の候の使用した挨拶は
例としてはこのようになっております。

 

拝啓 寒気の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます

拝啓 寒気の候、寒さも本格的になってまいりましたが皆様お風邪をめしていらっしゃいませんか

拝啓 寒気の候、身を切るような寒さを感じるこの頃、お変わりありませんか

拝啓 寒気の候、皆様におかれましてはますますご繁栄のこととお慶び申し上げます

 

 

寒気の候の読み方や意味まとめ

寒気の候の読み方は

寒気の候(かんきのこう)

となっています。

 

 そして意味は

 

寒さを感じられる季節になりました

冷たい空気が身に染みる時期になりましたね

 

となっています。

 

なので

12月頃の冬の寒さを感じられる時期に
使用するようにしておきましょう。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

コメントを残す

*