桜花の候の読み方や意味は 時期はいつからいつまで?

桜花の候の読み方や意味は?

 

季節の挨拶で

桜花の候

がありますけど、

 

桜花の候の読み方や意味は
どのようになるのでしょうか?

 

 

桜花の候の読み方は?

 桜花の候の読み方は

桜花の候(おうかのこう)

です。

 

桜花の候の「桜花」の部分は
桜花(おうか)と音読みで読みます。

 

そして「候」の部分は

「候(そうろう)」と読むこともできますが
「候(こう)」と読むのが正しいです。

 

 

桜花の候の意味は?

桜花の候の意味は

 

桜の花が美しい季節ですね

桜の花が咲き乱れる時期になりましたね

 

となります。

 

 桜花の意味はそのまんま

桜の花

となりますし、

 

「候」の意味は

季節や時節、時候

となります。

 

だから
桜花の候という挨拶は

桜の花が咲く季節になったという
意味を表す挨拶となりますし、

 

桜の花が咲く季節といえば春なので

桜の花が美しく咲いたことで
春を感じらえる季節になった

という意味の挨拶にもなります。

 

 

スポンサードリンク

 

桜花の候の時期はいつからいつまで?

 桜花の候の時期は
いつからいつまでになるかといえば

 

3月下旬頃から4月中旬頃くらい

が使用する時期になります。

 

 桜の花が咲く時期は

3月下旬頃から4月中旬頃

な地域が多いので

 

桜の花が咲いて散るまでの時期ということで
3月下旬頃から4中旬頃までが

桜花の候

を使用する時期になります。

 

とはいえ、

桜の花が開花する時期は
地域によって違ってきますし、

 

桜花の候を挨拶として使用して
手紙を出したところ、

 

既にその地域では桜の花のシーズンが
終了していたり、

その逆にその地域ではまだ
桜の花が咲いてない場合だってあります。

 

なので、

時期だけでなく地域差も考えて
桜花の候を使用するようにした方がいいですし、

 

桜のシーズンがまだだったり終わった地域には
別の挨拶を使用するなりしましょう。

 

 

桜花の候の例文は?

 桜花の候の例文は
例としてはこのような感じになります。

 

謹啓 桜花の候、貴社ますますますますご清栄のこととお慶び申し上げます

拝啓 桜花の候、○○様におかれましてはますますご健勝でお過ごしのことと存じます

拝啓 桜花の候、皆様にはますますご活躍のこととお慶び申し上げます。

拝啓 桜花の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます

 

このような感じで

桜の花が咲く春の時期で
手紙の相手の様子は変わらないかを尋ねる意味で

 

桜花の候

が使用されています。

 

 

桜花の候の読み方や意味まとめ

 桜花の候の読み方は

桜花の候(おうかのこう)

になります。

 

そして意味は

 

桜の花が美しい季節ですね

桜の花が咲き乱れる時期になりましたね

 

となっていますので、

 

桜の花が咲く時期の

3月下旬頃から4月中旬頃

を目安に使用するようにしましょう。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

コメントを残す

*