夏至の日の出&日の入り時刻とは?東京だといつ頃になるの?

スポンサードリンク

 いよいよ近づいてくる1年で昼が一番長い日といえば・・・
 夏至ですよね!

 

 正直私は夏至は昼が長くなると言われても
 あまり実感は沸かないのですが、

 

 細かい部分で日の出や日の入り
 見られているんだなと感じます。

 

 ところで夏至の日の出、日の入りの時間
 東京だといつ頃かご存じでしょうか?

 

 あなたがお住まいの地域ですから
 是非とも知っておきたいところです。

 

 なので、夏至の日の出、日の入り時間をまとめました。

 

 

 東京での夏至の日の出、日の入り時間は?

 東京での夏至の日の出、日の入りの時間は
 なんと毎年全く同じ日時となります

 

 毎年全く同じ日時?そんなバカなぁ~
 と思っているでしょうが事実です。

 

 東京では夏至の時期は毎年
 数秒の誤差こそあれど

 

 日の出:4時25分

 日の入り:19時00分

 

 となっているのです!

 

 毎年毎年ピッタリ時間を合わせてくるとは
 夏至とはなんて凄いんだろうか。

 

 ここまで正確に合わせてくるとは
 太陽というのはかなり細かいところまで拘るのかな?
 と思えて仕方なく感じますw

 

スポンサードリンク

 

 夏至は日の出、日の入りが早い日じゃない!?

 夏至は昼が一番長い日なんだから
 日の出、日の入りの時刻が一番早いのかというと・・・

 

 残念ながらそうではありません。

 

 こちらのサイトでは、
 2013年の日の出、日の入り時間をまとめてますが

 

 日の出が一番早い日が6月13日 4時24分

 日の入りが一番遅い日が6月29日 19時04分

 

 という結果を出しています。

 

 つまり夏至の日の1週間前が日の出が一番早い日で、
 1週間後が日の入りが一番遅い日となります。

 

 なので決して夏至というのは1年で
 日の出が一番早く、日の入りが一番遅い日
 というわけでは無いのです。

 

 ぶっちゃけ私も昼が一番長いと言うから
 日の出、日の入りも一番なのかと思ってましたがw

 

 この理由につきましては
 地球が太陽を回るときの動きが楕円形の動きなので、

 

 結果的に回る速度が一定にならず
 微妙に時間が違ってくるのです。

 

 書いていてアレですけど
 なんともめんどくさいことになってますね。

 

 

 夏至の日の出&日の入りまとめ

 夏至の日の出、日の入りの時刻は東京だと

 

 日の出:4時25分

 日の入り:19時00分

 

 となります。

 

 また、夏至はあくまで1年で昼が一番長い日ですので、
 日の出の時刻が一番早かったり、
 日の入り時刻が一番遅いわけではありません。

 

 夏至というのは調べてみると
 結構意外な側面が見えていました。

 

 普段生活していると気にしないことでも
 調べてみると色々と分かってくるものです。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*