お盆休みって銀行には存在しているの?

スポンサードリンク

お盆休みは銀行には存在しているのか?

 

お盆になると
大体の企業が休みになりますが

 

お盆休みになる企業には

銀行

は含まれているのでしょうか?

 

お盆休みになると
遊びに出たり帰省するなど出費があるので、

お金を下ろすために
銀行を利用したいものですからね。

 

ですので

お盆休みは銀行にあるのか?

について今回まとめてみました。

 

 

お盆休みは銀行に存在するのか?

それで、

お盆休みは銀行にあるのか?

という点につきましては

 

銀行の休日は基本的には

 

土曜日、日曜日、祝日、
12月31日~翌年の1月3日

となっています。

 

そしてお盆の期間は

お盆休みっていつ?その理由は何?

でも解説しているように

 

大体

 8月13日~8月16日

となっていますが、

 

このお盆の期間は
特に祝日として制定はされていません。

 

だから、

お盆の期間も
平日ということになりますので

 

銀行はお盆でも休みにならず
普通に営業をしている

ということになるのです。

 

なので、

お盆休みを迎えて
遊びに出たり帰省をする際

 

お金をおろそうと思った時
銀行が開いていなかった

なんてことにはならずに済むのです。

 

ちなみに、

土曜日、日曜日、祝日、
12月31日~翌年の1月3日

という銀行の休みは
法律で定められた休日となっており、

 

上記以外の日に銀行が勝手に
休業日を設けることはできないのです。

 

だから、

銀行によって
お盆に開いてたり開いてなかったり

なんてことはありませんので
安心してもいいかと思います。

 

ただ、

8月11日は山の日となって
休日となりますし、

 

2017年の8月だと

12,13日が土日となって
銀行が3連休となってしまいます。

 

ですので、

お盆のシーズンに
銀行を利用するという時には

 

8月11日の前後の期間に
注意をした方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

お盆休みは銀行にないけどその辺の事情はどうなる?

お盆休みが銀行にないなら
銀行員に夏の休暇はないのか?

という疑問が出てくると思いますが、

 

実際のところは
銀行ではお盆に休みはないものの、

 

お盆シーズンの前後になると
銀行員は交代で休みを取る

ということです。

 

ですので

銀行員はお盆の日こそ
通常稼働を行ってはいるものの、

 

前後の別の日に
長期休暇を取ってる模様です。

 

また、

お盆の時期の
銀行の込み具合ですが、

 

一般的な企業は
お盆休みに入ってる時期ですので、

お盆の時期の銀行は比較的空いてます。

 

ですので

 

・定期預金

・外貨預金

・投資信託

・個人年金保険

・住宅ローンの借り入れ、借り替え

・届け印の変更

・生命保険

 

といった感じの
相談があるのだとすれば

お盆のシーズンを利用するといいでしょう。

 

 

お盆休みは銀行にあるのかまとめ

お盆のシーズンでも
銀行は休みなしで開いていますし、

 

お盆の時期になると
比較的銀行が空きやすくなります。

 

ですので、

お盆の時期に銀行を利用しても
特に問題はないかなと思います。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*