小玉スイカを栽培するには?収穫の時期はいつ?

スポンサードリンク

 この暑い季節になりますと
 どうしても食べたいものといえばスイカです。

小玉スイカ

 

 スイカは夏には欠かせない食べ物なので
 私も夏になるとよく食べています。

 

 ですが、最近は増税などで
 スイカも高くなってきてますから、

 

 どうせなら自分で栽培しちゃおう!
 とスイカの中でも育てやすい小玉スイカ
 栽培しようと考えているはずです。

 

 ですが、小玉スイカの栽培って
 一体どうすればいいのだろう?とか

 

 小玉スイカの収穫はいつ行えばいい?
 と思われていることだと思います。

 

 なので今回は
 小玉スイカの栽培についてまとめました。

 

 

 小玉スイカの栽培方法とは?

 最初に言っておくと小玉スイカは
 大玉スイカとの栽培の違いは、

 

 1株あたりに果実をつける量
 花が咲いてから収穫するまでの日数
 違っているくらいで後は特に違いはないです。

 

 注意しなければ行けないこととしては、
 小玉スイカは連作つまり同じ畑で同じ植物を
 何度も作ることを嫌っているので、

 

 5年くらいは同じ畑で
 小玉スイカを作らないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

畑の準備をする

 小玉スイカを栽培する畑の準備をします。

 小玉スイカは日当たりと水はけのよい所を好みます。
 なのでその場所を選びましょう。

 

 小玉スイカの苗を植える2週間前に
 畑に苦土石灰をまいて耕し、

 

 植え付けの1週間前になったら
 元肥を畑にまいて耕しましょう。

 

 耕し終わったら畑に
 黒マルチを張っておきましょう。

 

 

小玉スイカの苗の植え付け

 次は小玉スイカの苗の植え付けです。

 植え付けを行う時期としては
 5月初旬~6月初旬の温かくなった時期がいいです。

 

 植え付けは1列に行っていき、
 2mくらいの間隔をあけて植えていきましょう。

 

 

摘心(てきしん)

 小玉スイカの葉が6枚くらいになったら
 摘心つまり葉っぱを切ってしまいましょう

 

 そうすることでつるが伸びてきて
 多くのスイカが付くことになります。

 

 それ以外にも、つるが伸びてきたら
 発育が良い4本のつる以外は切り取りましょう。

 

 

人工授粉

 確実に小玉スイカが実を付けるように
 雌花が咲いたら雄花の花びらを少し取り、
 花粉をめしべにこすりつけましょう。

 

 

追肥を行う

 小玉スイカの育ち具合によっては
 追肥つまり再び肥料を与えてあげましょう。

 

 

摘果(てきか)

 1つの苗に付ける小玉スイカの実は
 2~3個が理想的ですので、

 

 育ちやすいようにそれ以上実があれば
 小さいうちに取ってしまいましょう。

 

 

 小玉スイカの収穫の時期は?

 後は小玉スイカを収穫するだけですが、
 どれくらいの時期に収穫すればいいのかというと

 

 小玉スイカの収穫時期は
 基本的には開花後の30~35日となります。

 

 また、それ以外にも

 

 ・小玉スイカを叩いたときに低い音がする

 ・巻きひげの付け根が枯れている

 ・果実のついている節の葉舌が黄色に変わった

 

 といったものが収穫の目安となっています。

 

 

 小玉スイカの栽培と収穫まとめ

 小玉スイカの栽培方法と収穫の時期は以上です。

 

 スイカを育てるときには色々と
 気を付けないと行けないことがありますが、

 

 自分で育てたスイカは思いが深い分
 食べたらとても味わい深いかと思います。

 

 なので是非とも小玉スイカをつくってみてはいかがでしょう?

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*