上弦と下弦の意味とは?2つの月の見分け方は?

スポンサードリンク

 音楽を聞いているとよく曲名に
 「上弦の月」とか「下弦の月

 

 と付いている曲がよく見かけますね。

 

 ところで上弦の月、下弦の月
 とタイトルに付いてますが、

 

 上弦、下弦というのは
 一体どのような意味なのか
 気になっておられるかと思います。

 

 曲名の意味を理解すれば
 より歌に愛着を持てるかも知れません。

 

 なので上弦、下弦の意味について
 まとめておきました。

 

 

 上弦の月、下弦の月の意味とは?

 上弦の月、下弦の月というのは
 月の名称なのだろうというのは
 なんとなく理解出来ているとは思いますが、

 

 具体的な意味までは
 よく分からないかと思います。

 

 まず、上弦、下弦に付いている
 「」という字は

 

 弦月(げんげつ)を意味する文字です。

 

 弦月がどういう意味なのか?
 といいますと、

 

 弦月は半分が欠けている月の事で
 半月(はんげつ)とも呼ばれています。

 

 そして上弦の月、下弦の月というのは
 それぞれ・・・

 

 上弦の月:左側(東側)が欠けている弦月

 

 

 下弦の月:右側(西側)が欠けている弦月

 

 

 となるのです。

 

 ちなみに何故げん「弦」という字が
 使われているのかと言いますと、

 

 昔の人は半分に欠けた月を
 弓と弦の形に例えたので
 弦月と呼ばれています。

 

 言われてみると確かに
 半分に欠けた月は
 弓のような形に見えてきます。

 

スポンサードリンク

 

 上弦の月と下弦の月の見分け方は?

 さて、上弦の月と下弦の月は
 どちらも半分に欠けていますが、

 

 一体どのようにして
 見分ければ良いと思いますか?

 

 当然さっきも言ったように

 

 上弦の月:左側(東側)が欠けている弦月

 下弦の月:右側(西側)が欠けている弦月

 

 で見分ければいいです。

 

 なので例え月が下の方に向いてようと
 左側が欠けていれば上弦の月ですし、

 

 月が上の方に向いていても
 右側が欠けていれば下弦の月となります。

 

 一番やっかいなのが上下半分(90度、270度)
 に月が欠けている場合ですが、

 

 

上半分が欠けてる場合

 西側の空に見える:上弦の月

 東側の空に見える:下弦の月

 

下半分が欠けている場合

 東側の空に見える:上弦の月

 西側の空に見える:下弦の月

 

 と言う風にして
 覚えておきましょう。

 

 ちなみに旧暦ですと
 1ヶ月の前半に見える半月が上弦の月、

 

 1ヶ月の後半に見える半月が下弦の月
 として見分けていました。

 

 現在は新暦になって
 旧暦とずれていますので、

 

 1ヶ月の前半の弦月:下弦の月

 1ヶ月の後半の弦月:上弦の月

 

 となっています。

 

 

 上弦、下弦の月まとめ

 上弦、下弦の月の意味は
 簡単に説明すると

 

 上弦の月:左側(東側)が欠けている弦月

 下弦の月:右側(西側)が欠けている弦月

 

 という風になっています。

 

 なので、上弦の月、下弦の月が
 曲名になっている歌を聴くと、

 

 なんとなく意味に深みが
 増してくるのではと思います。

 

 なので是非とも覚えていて下さい。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*