浮き輪の英語は何?3つあるけどどれが正しい?

スポンサードリンク

浮き輪は英語でなんて言うのが正しいの?

 

いよいよ夏休みに入りましたので、
家族で海へ行く機会が増えますね。

 

今年の夏も海へ行きますから
子供のために新しい

浮き輪

を買ってあげないといけないですね。

 

ところでそんな浮き輪について
子供から

「浮き輪って英語でなんて言うの?」

って聞かれませんでしたか?

 

浮き輪の英語なんて聞いたことないですから
ちょっと悩んでしまいますね。

 

なので今回は
子供の質問に回答できるように

浮き輪の英語

についてまとめておきました。

 

 

浮き輪の英語は3つ存在する?

浮き輪の英語なんて
一般的に聞きなれませんから、

本当に存在しているのかと
疑問に思うことでしょう。

 

ですが、

浮き輪の英語は
3つほど存在しています。

 

3つもあるだなんて
意外に感じるでしょうが、

実際に見てもらえばわかるので、
浮き輪の英語をそれぞれ見てみましょう。

 

1.swim ring(スイム リング)

 

2.inner tube(インナー チューブ)

 

3.float(フロート)

 

浮き輪の英語といっても
一見共通性のない言葉が並んでいて

なんだか不思議な感じがしますね。

 

スポンサードリンク

 

浮き輪の英語の意味とは?

浮き輪

と日本語だと1つしか言葉がないのに
英語だと3つも存在します。

 

なので、

それぞれの浮き輪の英語の意味
について解説をしておくと、

 

1.swim ring(スイムリング)

swim=泳ぐ

ring=輪

 

これは一番わかりやすいですね。

つまり泳ぐための輪っかですから
浮き輪につながるのです。

 

2.inner tube(インナーチューブ)

inner=内側の、奥の、中心部に近い

tube=管、筒

 

 浮き輪は真ん丸に穴が開いて輪になっています。

それは繋がった管のようにも見えますし、

 

中心が開いていますから、

「中心が開いている」

という意味でtubeという言葉が
使われているのでしょう。

 

3.float(フロート)

float=浮く,浮かぶ

 

浮き輪は水に浮かぶ輪っかですから、
そのまんまの意味で使われています。

 

ただ、floatという言葉は
本場で使った場合は

パレードなどで使用するフロート (お祭りの山車のようなもの)
の方が連想されるために

あまり通じにくいかと思われます。

 

 

浮き輪の英語でどれを使うのが正しいか?

浮き輪の英語は

 

1.swim ring(スイム リング)

2.inner tube(インナー チューブ)

3.float(フロート)

 

の3つが存在してますが、

この3つとも浮き輪の英語として
実際に使われています。

 

なので

どれが正しい英語なのか?

というのは一概には言えないです。

 

ただ、
子供に浮き輪の英語を教えるときは

1.swim ring(スイム リング)

が一番無難に思います。

 

この2つの単語は
子供にも分かりやすいですから、

浮き輪の英語を伝えるなら
この言葉で伝えておきましょう。

 

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*