海の日は英語で?由来は何?

スポンサードリンク

 7月も中盤を過ぎて
 だんだん暑くなってきました。

 

 ですが、後少しもすれば海の日が訪れて
 海開きとなるので辛抱です!

 Š海の日

 

 海にはここ数年は行ってませんが
 こんなに暑いと行きたくなりますので
 海の日にでも行きたいなと思います。

 

 ところでそんな海の日は
 英語で何て呼ぶのかご存じでしょうか?

 

 英語で海の日について書くことがあれば
 知っておいた方が得をしますからね。

 

 なので、海の日の英語について
 まとめておきました。

 

 

 海の日は英語で○○○と呼ぶ

 海と一言で言いましても
 海を表す英語は

 

see(シー)

ocean(オーシャン)

marine(マリン)

mare(マーレ)

 

 が主に使われております。

 

 この中で海の日を表す英語で
 使われている海の英単語はというと・・・

 

 marine(マリン)であり、

 

 海の日は英語で

 marine day(マリン デー)

 

 となるのです。

 

 ちなみになぜmarine(マリン)が
 海の日の英語に使われているのかと言うと、

 

 marine(マリン)は「海の、海上の
 という意味で使われている言葉だからです。

 

 だからよく聞く言葉であるマリンスポーツも
 「海のスポーツ」という意味を持ってます。

 

 ちなみにsee(シー)は「海」と一言で表す言葉で
 ocean(オーシャン)は「太平洋などの大きい海」を
 表す言葉になっています。

 

スポンサードリンク

 

 海の日の由来って何なの?

 そんな海の日は何故
 海の日と呼ばれているのかと言いますと、

 

 実は海の日が祝日になったのは
 20年近く前の1996年と割と新しかったりします。

 

 それまでの間は「海の記念日」という記念日で
 祝日でもなんでも無かったのです。

 

 なんで記念日になったのかというと、
 1876年に明治天皇が東北地方に外出したときに

 

 今までは軍艦を使って外出をしてましたが
 その時は「明治丸」という灯台を見守るための
 汽船を使って外出をしました。

 

 その後無事に7月20日に
 横浜の港に帰ってくることが出来たので、

 

 7月20日が「海の記念日」となり
 後に「海の日」となりました。

 

 ちなみに今はハッピーマンデー制度で
 7月の第3月曜日が海の日になりました。

 

 

 海の日の英語まとめ

 海の日の英語は

 marine day(マリン デー)

 となります。

 

 海の英語はたくさんあってややこしいですが
 これを覚えておけば迷わなくて済みます。

 

 また同じ事を言うようですけど
 最近はとても暑くなってきていますから
 何年かぶりに海へ行ってみたいなと思います。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*