金木犀の花言葉は何?英語だとなんていう?

スポンサードリンク

 金木犀(キンモクセイ)の花言葉や英語って何?

 

 9月の終わり頃になると
 金木犀(キンモクセイ)の花が咲く時期になります。

 

 

  金木犀の名の通り金色の咲き誇る花と
 その独特の香りはまさに
 10月を代表する花ですね。

 

 そんな金木犀の花言葉は何なのか?

 また、金木犀は英語だと何と呼ぶのか?

 

 これらの金木犀に関する疑問を
 まとめておきました。

 

 

 金木犀(キンモクセイ)の花言葉とは?

 金木犀の花言葉にはどのような言葉が使われてるか?
 といいますと、

 

 ・謙虚

 ・謙遜

 ・陶酔

 ・気高い人

 ・真実

 ・高潔

 

 等の花言葉が使われています。

 

 美しい花を咲かせる金木犀にしては

 謙虚、謙遜

 といった控えめな言葉がある反面、

 

 気高い人、高潔

 といった気品を感じさせるような
 言葉があるのも印象的です。

 

 謙虚、謙遜

 という花言葉が使われている由来は、

 金木犀はとっても良い香りがする反面、
 花自体はとても控えめに咲いています。

 そのような様子を謙虚、謙遜だと
 思ったことから花言葉が付けられました。

 

 また、

 気高い、高潔

 という花言葉が使われている理由は

 金木犀の花の開花時期は
 わずか3~5日となります。

 そんな短い人生ですから
 その香りを惜しむことなく潔く花を散らせる姿を

 気高い、高潔

 と表したのです。

 

スポンサードリンク

 

 金木犀(キンモクセイ)は英語で何というのか?

 金木犀は英語で何と言うのか?
 といいますと、

 

 fragrant olive

 (フレグラント オリーブ)

 

 と呼ばれているのです。

 

 金木犀には犀(サイ)と付いているので
 ライノセラスとか付けられるのかと思いきや
 なんだか意外な感じです。

 ちなみになぜ犀(サイ)という感じが
 金木犀に使われているのかというと、

 単純に金木犀の木の皮がサイの皮膚と
 似ていたことから付けられました。

 

 金木犀の英語に使われている

 fragrant (フレグラント)

 はどんな意味なのか?といいますと、

 fragrant:香りのよい,芳しい,香気のある

  という意味になるのです。

 

 金木犀は香りがとっても良いことで
 有名な花ですから、

 香りがよいと言う意味の言葉は
 かなり似合っていますね。

 

 

 金木犀(キンモクセイ)の花言葉と英語まとめ

 金木犀の花言葉は

 ・謙虚

 ・謙遜

 ・陶酔

 ・気高い人

 ・真実

 ・高潔

 が使われており、

 

 金木犀の英語には

 fragrant olive

 (フレグラント オリーブ)

 という言葉が使われています。

 

 どれをとっても金木犀という花を表すに
 相応しいのではないか?と思います。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*