メリークリスマスの英語でXmasと使うのはなぜ?

スポンサードリンク

メリークリスマスという英語で
Xmasと使う場合があるのはなぜか?

 

クリスマスの挨拶と言えば

メリークリスマス

という挨拶が基本であり、

 

メリークリスマスの英語表記は

Merry Christmas

というのが基本になります。

 

ですがチラシなどの表記では
メリークリスマスが

Merry Xmas 

という英語を使われてる場合があります。

 

なぜメリークリスマスの英語に

Merry Xmas 

と使うようになったのでしょうか?

 

 

メリークリスマスの英語にXmasと使う理由とは?

なぜメリークリスマスの英語が

Merry Xmas 

となってる場合があるのかというと、

 

まずクリスマスの英語表記である

Christmas

という言葉はというと、

 

Chris=キリスト

mas=礼拝

 

というのが元になってます。

 

そしてキリストという言葉は
ギリシア語で救世主を意味する

クリストス

という言葉から来ているのです。

 

更にクリストスのギリシャ語での表記は

ΧΡΙΣΤΟΣ

という風になっており、

 

これをアルファベットに直したものが

Christ

となるわけです。

 

つまり、
メリークリスマスを英語にしたときのXは

ギリシャ語でのキリストの表記

というわけなのです。

 

ちなみに古代ギリシャ語は
昔は欧州からアジアまでの共通言語であり、

 

新約聖書も昔は
ギリシャ語で翻訳をされていました。

 

ですので、
ギリシャ語でのキリストを意味する言葉として

Xmas

という言葉が
メリークリスマスの英語として使われています。

 

スポンサードリンク

 

メリークリスマスの英語の最近の事情とは?

メリークリスマスの英語でもある

Merry Xmas 

という言葉は
欧米ではあまり使われなくなりました。

 

なぜかというと、
昔は読み書きが一般では普及しておらず

読み書きができる人はXmasのXが
ギリシャ語に由来していることを知っていました。

 

ですが、

読み書きが一般的になるにつれて
XmasのXがギリシャ語由来だと知らない人が増えて、

単なるアルファベットだと思われるようになりました。

 

そしてXmasという言葉は
商業主義的な印象が強まって使われなくなったのです。

 

その一方で日本では

小さい商品に対しても
短いつづりで英語を表記できるという点から

Merry Xmas

という言葉を用いられることが多いです。

 

 

メリークリスマスの英語まとめ

メリークリスマスの英語については以上です。

 

ちなみにXmasの元であるギリシャ語では

XというのはΧ(カイ)というギリシャ文字であり
アルファベットのX(エックス)ではないです。

 

また、

X’mas と表記してる場合もありますが
「’」を入れるのは間違いになりますのでご注意を。

 

それにしてもメリークリスマスの英語を調べてると
意外な意味がわかるなと思いますね。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*