終戦記念日が祝日じゃないのは何故?お盆と重なるから?

スポンサードリンク

 8月15日と言えばお盆だけでなく
 終戦記念日でもあります。

終戦記念日の黙祷

 

 戦争が終わった日ですから
 終わるまでに犠牲になった方達への
 追悼をしなければなりません。

 

 ところでそんな終戦記念日ですが
 なぜ、祝日にならないのでしょうか?

 

 記念日と付いているのだから
 祝日になってもおかしくはありません。

 

 なのになぜ終戦記念日が祝日でないのか
 以下の理由があるからなのです。

 

 

 なぜ終戦記念日が祝日じゃないのか?

 なぜ終戦記念日が祝日じゃないのか?
 というと以下の理由が挙げられます。

 

 

 終戦記念日がお盆と被るから

 終戦記念日である8月15日は
 丁度お盆の期間となります。

 

 お盆の期間になりますと
 基本的にはどこも休業します。

 

 なので終戦記念日を祝日にする理由が
 特にないという事になります。

 

 しかしお盆は先祖の霊をまつる日ですから
 戦争によって犠牲になった人達を偲ぶという意味でも
 丁度時期が重なっているなと思います。

 

 

 終戦記念日は敗戦した日だから

 終戦記念日が祝日にならない
 もう1つの理由はと言いますと、

 

 やはり終戦記念日が日本が敗戦した日
 というのが大きいです。

 

 祝日というのは基本的には
 何かを祝う日となっています。

 

 それに対して終戦記念日である8月15日は
 日本がポツダム宣言を受託して降伏したこと

 

 つまり敗戦したことをラジオで発表した日
 という事になります。

 

 なので戦争が終わった日というよりも
 日本が敗戦した日という意味合いが強いので、

 

 祝日として祝うのは
 さすがにどうかなぁと思います。

 

 なのでこれが終戦記念日が
 祝日にならない理由となるのです。

 

スポンサードリンク

 

 終戦記念日は韓国だと祝日だった!?

 日本では祝日ではない終戦記念日ですが、
 なんと韓国では祝日だったのです!

 

 韓国では祝日になってる!?どういうこと?
 と驚いているかと思いますが、

 

 韓国では日本の終戦記念日である8月15日を
 光復節として日本からの独立を祝う日になってます。

 

 戦争が終わったことで日本から独立できたわけですから
 日本と違って祝日にする理由もよく分かります。

 

 そう考えると昔の日本の祖先達は
 韓国に対して申し訳ないことをしたものです。

 

 

 終戦記念日が祝日でない理由まとめ

 終戦記念日が祝日じゃないのは

 

終戦記念日の時期がお盆と重なる

終戦記念日は日本が敗戦した日だから

 

 という理由から祝日ではありません。

 

 終戦記念日は祝う日ではなく追悼する日ですから
 戦争の犠牲になった人達に対して黙祷を捧げましょう。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*