エイプリルフールの日本語は2つあった!?どんな意味なの?

スポンサードリンク

エイプリルフールの日本語は
1つだけではなかったのだ!

 

4月1日と言えば、

エイプリルフール

つまり、嘘をついてもいい日になりますね。

 

だからなのか
インターネット上では様々な企業が
エイプリルフールの日に備えて企画をしていますね。

 

最近で一番印象的なのは
Googleの日本語入力ですね。

今年はどんな日本語入力で
エイプリルフールのネタを作るのでしょうか?

 

そんなエイプリルフールですが、

エイプリルフールの日本語は2つある

というのはご存知でしょうか?

 

 

エイプリルフールの日本語とは?

エイプリルフールの日本語と言えば

四月馬鹿

という言葉が使われていますね。

 

この言葉は

エイプリルフールに使われている単語を
それぞれ日本語に直すと、

エイプリル(April):4月

フール(fool):ばかもの、愚か

となることから
直訳として使われています。

 

四月馬鹿という言葉に使われている「馬鹿」
という言葉は、

嘘に騙された人を馬鹿と呼んでいるのか?

と思ってしまうかもしれません。

 

ですが、
調べてみると「フール」という言葉には、

だます、冗談を言う、ふざける

という意味があることも分かりました。

 

これらの言葉が

エイプリルフールの「フール」
に含まれているのだとしたら、

 

エイプリルフールの意味は

・4月に冗談をいう日

・4月に嘘を言ってふざける日

・4月に嘘を言って人をだます日

といった意味になります。

 

エイプリルフールがどんな日かを考えると
こっちの方が正しく思えてきますね。

 

スポンサードリンク

 

エイプリルフールの日本語には他にあった!?

エイプリルフールの日本語について
調べていたところ、

エイプリルフールの日本語には

万愚節(ばんぐぜつ)

という言葉があることが判明しました。

 

万愚節という言葉は

キリスト教の祝日で
11月1日に行われる

万聖節(ばんせいせつ)

が元ネタとなっていて、

 

万聖節はどんな日かというと、

キリスト教の全ての聖人に対して
祈りをささげる日

となっているのです。

 

エイプリルフールと同じく
月の初めに行われますから、

4月1日は嘘をついていい日
という事で、

神聖な日である万聖節の対比の言葉として
付けられたのです。

 

ちなみにこちらの記事でも
エイプリルフールについて書いています↓

エイプリルフールとはいつでいつから始まったのか?

 

 

エイプリルフールの日本語まとめ

エイプリルフールの日本語は

・四月馬鹿

・万愚節(ばんぐぜつ)

の2つとなります。

 

ただ、
エイプリルフールの「フール」には

だます、冗談を言う、ふざける

という意味も含まれてますので、

 

「四月馬鹿」という言葉は
不適切なようにも感じますね。

 

とは言っても

エイプリルフールには
様々な企画が企業で行われますので、

気楽に冗談を楽しみましょう。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す