手紙で梅雨の挨拶をする場合どんな文章を書けばいい?

スポンサードリンク

手紙で梅雨の挨拶をする場合
どんなことを書いたらいいのか?

 

梅雨の季節に入った時期に手紙を送る場合、
一体どんな挨拶を書けばいいのか?

 

どうせなら梅雨のシーズンですから
梅雨にふさわしい挨拶をしたいところです。

 

なので今回は

手紙で梅雨の挨拶をどのように書くべきか?

についてまとめておきました。

 

 

手紙で梅雨の挨拶を書く場合の文章とは?

それでは早速、

梅雨の時期に手紙で挨拶を書く場合は
どんな文章を書けばいいのか?

を見てみましょう。

 

 

梅雨に入る前の手紙での挨拶

・梅雨前線が近づいてまいりました

・梅雨入りも間近となったこのころですが

・梅雨入り前となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

・梅雨入りを間近に憂鬱な気分となっております

・梅雨の季節が間もなく訪れますが、いかがお過ごしでしょうか?

・入梅を控えて、連日不安な空模様となっております

 

梅雨に入る少し前の手紙の挨拶ですと

「梅雨の時期が近付いている」

という意味を含んだ言葉が使われています。

 

そして

梅雨に入るということで
雨がこれから降り続けるという意味で

憂鬱な気分となっております

という挨拶が手紙に書かれる場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

梅雨に入った時期の手紙での挨拶

・今年もまた梅雨の季節を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか?

・入梅の頃となり、雨がうっとおしくなってきました

・今年もまた梅雨の季節を迎えました

・梅雨入り宣言をされましたが、いかがお過ごしでしょうか?

・連日の雨がうっとおしい季節となりました

・梅雨に入って庭のアジサイが鮮やかになりました

・梅雨に入り、洗濯物が乾かない時期が続いております

・梅雨明けが待たされるこのころですが

・梅雨寒のする今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか?

 

こうしてみると

梅雨に入っただけあって
手紙での挨拶も様々なものになります。

 

梅雨に入っているだけあってか

連日雨が続いて気がめいってる

という内容のものが多いですし、

 

梅雨ということで温度が変化してくるので
体調を心配する挨拶も存在します。

 

 

その他の手紙での梅雨の挨拶

・入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです

・降り続けていた雨もようやくあがってきました

・梅雨の中休みとなり、久々に日がさしております

・連日の雨も休みとなり、久しぶりの青空です

・梅雨明けも間近に迫った今日この頃ですが

・蝉の鳴き声が聞こえ始めた今日この頃ですが

 

梅雨といっても
意外に雨が降らなかったりする場合があるし、

途中で晴れ間が見えるときもありますので、

 

そのことに触れるような手紙の挨拶も
もちろん存在していますし、

梅雨明けが迫った時の挨拶も
当選存在しています。

 

なので、

梅雨といっても時期によって
手紙の挨拶を変えていくべきなのでしょう。

 

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す