夏風邪と熱中症の違いは?見分ける方法ってある?

スポンサードリンク

 毎日のように暑い日が続いていますが、
 そんな日々でも子供は元気・・・

 

 と思っていたら何やら体調がよろしくない?
 と思って子供の熱を計ってみたら・・・

 

 熱が38度近くあるではないですか!!

夏風邪か熱中症

 

 

 これは大変だ!今すぐ治療をしないと!
 けど、子供はどうして体調が悪いの?

 

 夏風邪?熱中症?どっち?
 と思われている事だと思います。

 

 なので、夏風邪と熱中症の違い
 についてまとめておきました。

 

 

 夏風邪とはどんな病気?

 夏風邪と熱中症の違いについて
 まずは夏風邪がどんな病気なのか調べました。

 

 夏風邪というのはその名のとおり
 夏にかかる風邪の事です。

 

 夏なのにどうして風邪にかかるの?
 と思うかも知れませんが、

 

 夏風邪のウイルスは冬に現れる物と違い
 気温が高く、湿気が強いところを好みます。

 

 また、夏風邪のウイルスは
 のどや腸からくるものが多く、

 

 発熱、のどの痛み、激しい咳、下痢、腹痛
 という症状が起きれば夏風邪の可能性が高いです。

 

スポンサードリンク

 

 夏風邪の対処法は?

 夏風邪には残念ながら
 効果のある薬は存在しません。

 

 それじゃあどうやって夏風邪を治すのか?
 と言いますと・・・

 

睡眠を取り安静にする

水分や栄養の高い食べ物を食べさせる

 

 といった方法が効果的です。

 

 睡眠を取ることで体力の回復と
 免疫力を高めてウイルスに強い体をつくり、

 

 水分や栄養の高い物を食べて
 しっかりと栄養をとります。

 

 この時、口の中が痛くて食事を食べれない
 と言うときには、病院で診察を受けて
 点滴をうつなどして貰うのがいいでしょう。

 

 また、夏風邪は冬の風邪とは違いますので、
 汗をかかせるのは逆効果になる場合もあります。

 

 

 熱中症とはどんな症状

 それでは次は熱中症ですが、
 熱中症とはとても暑い環境で起きる症状で

 

 熱中症になる原因は
 気温と湿度が高くなって熱の放出(汗をかく)機能が
 うまく働かなくなったり、

 

 汗をかきすぎて体の中の水分や塩分が
 不足することが原因となります。

 

 熱中症の症状としては
 めまい、失神、立ちくらみ、頭痛、けいれん、
 吐き気、顔がほてる、体がだるい

 

 といった症状が見られますので、
 これに当てはまれば熱中症の可能性が高いです。

 

 

 熱中症の対処法とは?

 それでは熱中症になったときは
 どう対処をしていけばいいのか?といいますと

 

風通しの良い涼しい場所に運んで安静にする

水分の補給を行う(ポカリスエットが理想的です)

足を高くして寝かせる

脇の下や首の部分を冷やす

 

 といった方法をとるのが
 効果的になります。

 

 

 夏風邪と熱中症の違いまとめ

 夏風邪と熱中症の違いは以上になります。

 

 どちらも夏になると発症しやすく
 場合によっては危なくなりますので、

 

 少しでも子どもに異変があるのなら
 注意深く見る必要があります。

 

 そしてもし、夏風邪か熱中症なら
 上記の対処法を行いましょう。

 

 子どもの健康を守るためには
 親であるあなたが注意深く見守る必要があります。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*