雹(ひょう)と霰(あられ)の違いは?サイズで違うの?

スポンサードリンク

 最近、東京近郊で
 雹(ひょう)が降ったというニュースが相次いでいます。

 

 雹があたったらとても痛いですし、
 沢山積もったら家が壊れたりと
 被害も大きくなってしまいますね。

 

 ところでそんな雹(ひょう)は
 霰(あられ)とよく似ていますが、

 

 雹(ひょう)と霰(あられ)の違いって
 一体どう違うのでしょうか?

 

 なので雹と霰の違いについて
 まとめておきました。

 

 

 雹(ひょう)と霰(あられ)はサイズで違いがある?

 雹(ひょう)と霰(あられ)はどちらも
 空から降ってくる氷の粒ですが、

 

 雹と霰にはどのような違いがあるのか?
 と解説を行いますと・・・

 

 サイズに違いがあるのです!

 

 まず、雹の方ですが、
 雹というのは5mm以上の氷の粒の事です。

 

 そして、霰の方はと言いますと
 霰は5mm未満の氷の粒の事を言います。

 

 つまり雹(ひょう)の方が
 霰(あられ)より氷の粒が大きいと言うことです。

 

 ちなみに雹は50mm以上のものが降ることもあり、
 作物やら家畜やらに大きな被害をもたらします。

 

 50mmつまり5cmの氷の粒が降って来るだなんて
 私なら恐ろしくて外を出歩けないですね(gkbr

 

スポンサードリンク

 

 雹と霰は降る時期に違いがある!?

 雹(ひょう)と霰(あられ)の違いは
 何も氷の粒の大きさだけでなく、

 

 降る時期によっても違いがあります。

 

 まず雹(ひょう)が振る時期ですが
 基本的には5~6月頃に降ります

 

 それに対して霰(あられ)の方は
 主に10月下旬~12月頃に降りますが、

 

 夏の時期や春頃にも降ることがあります。

 

 ちなみに俳句だと
 雹(ひょう)を夏霰(あられ)を冬として
 季語が使われています。

 

 夏にしても冬にしても
 降ってきたら大迷惑ですね。

 

 

 雹(ひょう)と霰(あられ)は成因で違いがある

 雹(ひょう)と霰(あられ)での違いは
 成因つまり作られる原因で違います。

 

 まず、雹(ひょう)がどのようにして作られるのか
 ということから説明しますと、

 

 雹は激しい上昇気流をもつ
 積乱雲の中で作られます。

 

 氷の結晶が落下と上昇を繰り返して
 表面が溶けたり固まったりを繰り返えされたり

 

 他の氷の結晶がくっついたりするので
 それにより雹は大きい氷の粒になります。

 

 それに対して霰(あられ)はと言いますと、
 空気中の水蒸気が雲の中で凍り付いて降ります。

 

 こんな風に雹と霰では
 作られ方にしても違いがあるのです。

 

 

 雹(ひょう)と霰(あられ)の違いまとめ

 雹と霰の違いは以上となります。

 雹と霰では大きさが違ったりしますが、
 それでも降ってきてあたったりするととっても痛いから
 かなり迷惑な物です。

 

 だから外を歩いているときに降り出したら
 雹だろうと霰だろうと注意が必要です。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す