春暖の候の時期はいつ頃なのか?

春暖の候の時期はいつになるのか?

 

季節の挨拶として

春暖の候

という挨拶が存在しますが、

 

春暖の候の時期は大体
いつ頃となっているのでしょうか?

 

 

春暖の候の読み方はこうなっている?

まず春暖の候の読み方は
どのようになっているのかと言いますと、

 

春暖の候(しゅんだんのこう)

という読み方となっています。

 

そのまま音読みにしての読み方となるので
そこまで難しくはなっていないと感じますね。

 

 

春暖の候の意味はこうなっている?

それで春暖の候の意味は
どのようになっているのかと言いますと、

 

まず「春暖」というのは

春の暖かさ

という意味を持っています。

 

「春」に「暖かい」という言葉が用いられているので
割とそのまんまな意味となっていますね。

 

そして、
「~の候」という言葉の意味については

「~の季節(時期)になりました」

という意味が存在しています。

 

なので
「春暖の候」の意味については

春の暖かさを感じられる季節になりました

となっているのです。

 

スポンサードリンク

 

春暖の候の時期はいつからなのか?

それで春暖の候という挨拶を使う時期は
いつ頃が丁度いいのかといえば、

 

3月中旬を過ぎた頃

から使用するのがオススメです。

 

現在だと春といえば
3月~5月頃となっていますけども

 

3月上旬頃はまだまだ寒さが残っていて
春の暖かさを感じにくい季節かと思います。

 

なので、
春の暖かさを意味する「春暖の候」を使うなら

暖かくなり始めている3月中旬頃

を過ぎたあたりから使い始めるのがいいでしょう。

 

とは言っても、

地域によっては3月中旬頃になっても
まだ暖かくならないということもあるでしょう。

 

そんなときの「春暖の候」を使う目安としては

桜がポツポツと咲き始めたころ

に使い始めるといいでしょう。

 

 

春暖の候の時期はいつまでになるのか?

そして春暖の候の時期は
いつまでになるのかと言いますと、

4月いっぱいまで

がいいとされています。

 

現在でいえば春は5月までですが、

5月にもなってくれば
春の暖かさというよりも暑さの方が感じられます。

 

なので、

まだ春の暖かさを感じるということで
4月いっぱいまで「春暖の候」を使いましょう。

 

 

春暖の候を挨拶で使う場合は?

春暖の候を手紙の挨拶として用いる場合は
例として以下のような感じになります。

 

・拝啓 春暖の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます

・拝啓 春暖の候、いかがお過ごしでしょうか

・拝啓 春暖の候、皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます

 

という感じで

季節の挨拶をすると同時に
相手を気遣うような挨拶を行いましょう。

 

 

春暖の候の時期はいつまとめ

春暖の候の時期につきましては

3月中旬頃~4月いっぱいまで

を目安として使うようにしましょう。

 

このくらいの時期になれば
春の暖かさを感じられるようになりますからね。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

コメントを残す

*