爽秋の候の時期はいつまで 読み方は?

爽秋の候の時期はいつからいつまでなの?

 

季節の挨拶として

爽秋の候

という言葉が存在しますが、

 

爽秋の候の時期は
いつまでとなっているのでしょうか?

 

 

爽秋の候の時期はいつまでなのか?

爽秋の候の時期は
いつからいつまでになるかといえば、

主に9月~10月

にかけて使用される挨拶となります。

 

もっと詳しく言えば9月8日頃からは

白露(はくろ)

という大気が冷えてきて
露ができ始める時期になります。

 

だから、

爽秋の時期としては白露から使うのが
ちょうどいいと言えるでしょう。

 

そして10月8日頃からは

寒露(かんろ)

という露が冷気によって凍りそうになる時期になります。

 

露が冷気によって凍りそうというのは
ちょっと寒い時期になってると思いますので、

 

爽秋の候の時期はいつまでがいいかは

9月8日頃~10月7日頃まで

がオススメとなります。

 

 

爽秋の候の読み方はこうなっている?

爽秋の候の読み方は

爽秋の候(そうしゅうのこう)

となっております。

 

爽秋の「爽(そう)」は

爽快、颯爽

等でも用いられている感じですし、

 

「秋」もそのまんま「秋(しゅう)」と
読むことができますね。

 

 ただ、

「候」の部分は
「候(そうろう)」と読む場合もありますが、

「候(こう)」と読むのが正しい読み方となります。

 

 

スポンサードリンク

 

爽秋の候の意味はこうなっている?

爽秋の候の意味はどのようになるかといえば

さわやかで心地よい秋の季節

といった意味になります。

 

爽秋という言葉には

さわやかで心地よい秋

という意味が存在しています。

 

まさに言葉通り

爽やか(さわやか)な秋(あき)

という意味の言葉ですね。

 

そして「の候」という言葉の意味は

季節、時節

となっております。

 

だから、
「爽秋の候」という挨拶も

さわやかで心地のよい秋の季節

という意味を表現する言葉になるのです。

 

 

爽秋の候の例文はこのようになる?

そして爽秋の候を例文として使用する場合
例としてはこのようになります。

 

爽秋の候、貴社ますますご清栄のことと存じます。

爽秋の候、皆様にはますますご清祥のことと存じます。

爽秋の候、さわやかな秋となりましたがいかがお過ごしでしょうか?

爽秋の候、〇〇様におかれましてはますますのご活躍のことと存じます。

 

どの挨拶分でもそうですが、

季節を表す「○○の候」この場合だと
秋を意味する「爽秋の候」を最初に持ってきて、

 

その後に相手の安否を気遣う文章を
挨拶として書くようにしておきましょう。

 

 

爽秋の候の時期はいつまでまとめ

爽秋の候の時期はいつまでかは

9月8日頃~10月7日頃まで

が目安となっています。

 

なのでこれくらいの時期を目安として
手紙の挨拶として書くようにしましょう。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

コメントを残す

*