仲秋の候の時期はいつからいつまでになる?

スポンサードリンク

仲秋の候とは時期的に
いつからいつまで使える言葉になるのか?

 

秋ごろに手紙を書くときに

仲秋の候(ちゅうしゅうのこう)

という言葉を使うかと思います。

 

ですが、

この仲秋の候という言葉は
いつからいつまでの時期に使えるのでしょうか?

 

なので今回は

仲秋の候は時期的に
いつからいつまで使えるのか?

についてまとめてみました。

 

 

仲秋の候は時期的にいつから使う言葉?

仲秋の候が
時期的にいつから使えるのかというと

大体9月7日もしくは8日頃

から使い始めます。

 

なぜ9月7日から
仲秋の候を使い始めるのかというと、

 

仲秋の候という言葉の「仲秋」というのは
昔の暦である旧暦で使われてた言葉で、

 

旧暦では秋は

 

・初秋

・仲秋

・晩秋

 

の3つに分けられていました。

 

そして、
旧暦で最初の秋に当たる初秋は

8月7日頃~9月7日(6日)頃

まで使う言葉になります。

 

8月7日頃は大体

立秋

と呼ばれる時期にあたり
秋が始まるとされているのです。

 

(詳細はこちら↓
立秋の挨拶はいつまで?いつから残暑になる?)

 

 なので、

初秋の終わりころである
9月6,7日頃の次の日である

9月7,8日頃から
次の秋である仲秋の時期になるのです。

 

そして初秋については
下記の記事でも解説をしています↓

初秋っていつ?いつから使ったらいいの?

 

ちなみに仲秋の候を使い始める時期からは

白露(はくろ)

という時期になって

 

空気が冷たくなって
露ができ始める時期になります。

 

まさに秋が深まっていることを
感じさせる時期だなと思えてきますね。

 

スポンサードリンク

 

仲秋の候は時期的にいつまで使える言葉?

そしてその一方で

仲秋の候は時期的に
いつまで使える言葉になるのか?

というと、

 

大体10月7日頃まで

が仲秋の候を使える時期になります。

 

なぜこの時期になるのかというと、
10月8日頃からは

寒露(かんろ)

という時期に入り、

 

寒露からは

晩秋(ばんしゅう)

という時期に入ってしまうのです。

 

(晩秋について詳しいことは
下記の記事にて解説をしています↓

晩秋の候とはいつからいつまで使える言葉なの?)

 

なので、
仲秋の候という言葉が使えるのは

晩秋に入る時期の寒露の前日である
10月7日頃

ということになるのです。

 

 

仲秋の候は時期的にいつからいつまでまとめ

仲秋の候がいつからいつまでの時期に使えるかというと

大体9月7(8)日頃~10月7日頃

まで使える言葉になります。

 

とはいっても現在では秋というと

9月、10月、11月のことであり
真中は10月にあたりますので、

 

10月いっぱいまでは
仲秋の候を手紙に使っている

という場合も存在しています。

 

まぁ現在においては
特におかしいことではないのですが、

それでも気になるという場合には
仲秋の候を使うのは10月7日までにしておきましょう。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す