仲夏は季語としていつ使われるの?

仲夏は季語としていつなの?

 

手紙や俳句で使う言葉に

仲夏(ちゅうか)

という言葉が存在していますが、

 

仲夏は季語として
いつ使われているものなのでしょうか?

 

 

仲夏はいつの季語なのか?

仲夏はいつの季語になるかと言えば
当然「夏」という言葉がついてる事から

夏の季語

として扱われています。

 

季節は3つに分けられる事があり
夏の場合ですと、

初夏・仲夏・晩夏

の3つに分けられています。

 

なので、

仲夏は3つの夏の真ん中に当たるので
夏の季語となるのです。

 

(ちなみに初夏や晩夏の時期はこちら↓

初夏の候とはいつからいつまで使う言葉なの?

晩夏の候はいつからいつまで使える言葉なのか?)

 

 

仲夏は季語としていつ使われる?

仲夏という季語を使う時期は
いつからいつまでになっているのかと言えば

 

6月6日頃~7月6日頃

とされています。

 

なぜなら、

仲夏の候の時期っていつからいつまでになる?

でも解説をしていますが、

 

 仲夏の前の時期である初夏は
夏が始まるとされている時期とされる

立夏(5月5日頃)

から始まって、

 

芒種の前日(6月5日頃)

までとされています。

 

なので、

その翌日の芒種(6月6日頃)が
仲夏を季語として使い始める時期になります。

 

そして、

仲夏の次の晩夏の終わる時期が大体
秋の始まる時期だとされる

立秋(8月7日頃)

までとされていて、

 

晩夏の期間はおおよそ

7月7日~8月6日頃

とされていました。

 

なので、

仲夏を季語として用いる時期は
晩夏の始まりである

 

小暑(7月7日頃)

の前日となる

 

7月6日頃

までとされているのです。

 

スポンサードリンク

 

仲夏を季語として用いるならこの時期?

ただ、
仲夏は季語として

6月6日頃~7月6日頃

を表す言葉になっていますが、

 

6月頃はどちらかというと
夏の暑さというよりも

梅雨のシーズン

というイメージが強い時期です。

 

なので、

どちらかといえば手紙のあいさつでは
「仲夏」という夏を思わせるような挨拶よりも

 

梅雨に関連した挨拶
を用いるのがふさわしいと言えます。

 

(梅雨に関連した挨拶はこちら↓

入梅の候の時期はいつから いつまで使える?

梅雨の候の読みは?いつからいつまでになるのか?

長雨の候は時期としていつからいつまで?)

 

流石に梅雨の真っただ中となると

夏の真ん中の時期を意味する
仲夏という言葉を見たとしても

イマイチピンとこないかと思いますし。

 

 それじゃあ仲夏は季語として
いつ頃使えばいいのかと言えば

 

夏らしさを感じるようになる時期の

7月上旬頃(7月1日~7月6日頃)

に季語として用いるのがよろしいでしょう。

 

 

仲夏は季語としていつ用いられるまとめ

仲夏は夏の季語として

6月6日頃~7月6日頃

を表していますが、

 

6月は梅雨のシーズンですので
7月上旬頃に用いるのがよろしいでしょう。

 

スポンサードリンク




関連記事&スポンサードリンク





関連記事はこちら

“仲夏は季語としていつ使われるの?” への1件のフィードバック

コメントを残す

*