節分で豆まきをする由来は?子供にも分かりやすい解説とは?

スポンサードリンク

 節分で豆まきをする由来って何なの?

 

 2月に入ると毎年のように行う事といえば

 節分の豆まきですね。

節分

 

 家族一緒に外に向かって豆をまいてますが、
 ふと子供に

 「なんで節分に豆まきをするの?」

 と聞かれませんでしたか?

 

 子供は何でも知りたがりますから、
 そう言われると困りますよね?

 

 なので今回は

 節分に豆まきをする由来を子供にどう説明するか?

 をまとめておきました。

 

 

 節分に豆まきをする由来って何?

 何故、節分の日に豆まきをするのか?
 といいますと、

 

 節分は元々、

 追儺(ついな)

 と呼ばれる行事で、
 平安時代から天皇が行う宮中の儀式です。

 

 追儺(ついな)では主に
 鬼つまり邪気などの悪いことを
 追い払う行事です。

 

 鬼を追い払うというのが
 正に節分と同じですね。

 

 節分の日に豆まきをする由来ですが、

 昔は豆などの穀物は

 「邪気を追い払う力がある」

 と言われていました。

 

 その中でも豆まきに使われている大豆は
 穀物の精霊が宿ると言われており、

 

 更に豆(まめ)という字が

 魔(ま)を滅(めっ)する

 という語呂合わせにも使われていることから
 節分の豆まきをする由来となっています。

 

 ちなみに豆まきをする時の大豆は
 生ではなく、炒ったものを使います。

 

 なぜかというと、

 生の大豆から芽が出てしまうと
 縁起が悪いとされているからです。

 

スポンサードリンク

 

 節分に豆まきをする由来を分かりやすく伝えるには?

 それではどうやって
 節分に豆まきをする由来を子供に伝えるのか?
 といいますと、

 

 単純に考えると

 「豆には豆の神様が宿っていて、
  神様は悪い鬼を追い払ってくれるパワーを持っている」

 「豆には魔を滅するつまり、鬼を追い払う
  という意味が込められているから」

 と伝えるのがよろしいでしょう。

 

 豆にはすごいパワーが宿っていると言えば
 子供も納得してくれるのでは?

 と思います。

 

 実際に節分に豆まきをする由来を調べても
 豆まきをするのは

 大豆に邪気=鬼を払う力があるとされる
 と言われているからです。

 

 なので、あまり難しい事を言わずに

 「豆には神様の力が宿っていて
 鬼を追い払う力がある」

 と説明をした方が
 分かりやすいかと思います。

 子供は神秘の力を信じてますからね。

 

 なので、節分に豆まきをする由来は
 そう返してみてください。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*