大暑とはいつ頃のことを言う?その意味は?

スポンサードリンク

大暑(たいしょ)とはいつ頃の事を言うのだろうか?

 

7月も下旬へと差し掛かったところで
大暑(たいしょ)という言葉を聞く機会が増えてます。

 

「大暑の時期が来た!」

と聞くと暑そうな印象がありますが
大暑とはいつ頃の事を言うのでしょうか?

 

また、大暑という言葉には
どのような意味が含まれているのか?

 

なので

大暑とは何時頃のことを言うのか?

についてまとめてみました。

 

 

大暑とはいつ頃から始まるものなの?

大暑という時期がいつ頃から始まるのか?

というと、

 

 大暑という時期は

7月23日頃

から始まります。

 

ちなみにこの記事を書いてる日も
丁度7月23日ですから、

今日から大暑が始まるという事です。

 

ちなみに大暑も
二十四節気と呼ばれる24個に分けた季節に分類され、

大暑は順番としては
半分の辺りになる12番目となります。

 

スポンサードリンク

 

大暑とはいつまで使われる言葉なのか?

そんな大暑はいつまでになるのか?

と言いますと、

 

8月6日頃まで

となっています。

 

なぜ大暑が8月6日までなのか?

というと、

 

大暑の次の時期である立秋
8月7日頃から始まるからです。

 

だから

立秋が始まる前日である8月6日頃が
大暑の時期と言う事になるのです。

 

日数にすると大暑の時期は

7月23日頃~8月6日頃の15日間

という事になるのです。

 

15日間と言うのは
割と短い感じはしますけど、

1年は12ヶ月で1ヶ月が30日と考えると
24等分で1つの季節が15日でも割と納得ですね。

 

 

大暑の意味とはどんなものなの?

大暑と言う言葉の意味ですけど、

その名の通り

暑さが最も厳しくなる

という意味になるのです。

(まぁ暑さのピークとなる日は別になりますが)

 

この時期になると
梅雨も完全に開けてると思いますし、

夏の暑さが本格的に到来したことが
分かりやすくなっているのかなと感じますね。

 

そしてこの時期になると
暑さによって体力を奪われることも多くなり、

夏バテの原因へとなってしまいます。

 

だから昔の人は暑さに負けないよう
精をつくものを食べようという事で

大暑が始まった次の日である土用の丑の日(7月24日頃)に
うなぎを食べるようになったわけなのです。

 

 

大暑とはいつ頃まとめ

大暑の時期は大体

7月23日頃~8月6日頃

となっております。

 

確かに夏は
この時期が一番暑い頃だと感じます。

なので今年も
暑さに負けないように頑張りましょう。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*