カカオの効果は7つある!?チョコレートを食べたら得られるの?

スポンサードリンク

チョコレートに含まれてるカカオにはこんな効果があったのです!

 

昨日はバレンタインだったので
チョコレートを食べられたかと思います。

 

チョコレートを食べ過ぎてしまって
健康とか大丈夫かなぁ

と心配されていると思います。

 

確かにチョコレートの食べ過ぎは
健康的に良さそうではないです。

 

ですが、
チョコレートに含まれている成分である

カカオ

には意外な効果が含まれているのです。

 

 

カカオには7つの効果を期待できる!?

チョコレートの原材料である

カカオ

に一体どんな効果があるのか?

 

と言いますと、

 

以下の7つの効果が
カカオが多く含まれたチョコレートを食べることで
得ることが出来てしまうのです。

 

 

動脈硬化の予防効果

カカオに含まれてる成分である

カカオ・ポリフェノール

には、

動脈の繊維に溜まっているコレステロールを除去して、
動脈硬化を防ぐ作用があります。

 

動脈硬化が起こると体中の血液の流れが悪くなり、
脳卒中や心筋梗塞等を引き起こします。

 

そうならない為にも
カカオに含まれてるポリフェノールを摂取して
血液の流れを良くしないといけないのです。

 

スポンサードリンク

 

ガンの予防効果

カカオに含まれている
カカオ・ポリフェノールを摂取することで、

体の細胞がガン細胞に変化する事を抑制するので
ガン細胞が増加するのを防いでくれる効果が得られます。

 

 

ストレス対策効果

カカオ・ポリフェノールを摂取すると
ストレスによって分泌されるホルモンを抑え、

ストレスに対する抵抗力を強める効果を得られます。

 

 

太りにくくする効果

チョコレートというと
太りやすそうなイメージがありますが、

カカオに含まれている

カカオバター

と呼ばれる成分は脂肪の吸収率がいいので
肥満に繋がりにくいのです。

 

更に、

チョコレートを食べると血糖値が上がり
食欲が抑えられるので、

その結果、

肥満に繋がりにくくなる効果を得られます。

 

 

免疫力の向上効果

カカオ・ポリフェノールには
抗酸化作用があるため、

アレルギーの原因となる
活性酸素の働きを抑える効果があります。

 

また、それ以外の病原菌に対しても
効果を得ることが出来るのです。

 

 

集中力・リラックス効果

チョコレートの甘い香りには
集中力や記憶を高める効果があり、

 

更にカカオに含まれてる

テオプロミン

と呼ばれる成分には
神経を鎮めてリラックスさせる効果があります。

 

 

虫歯予防効果

チョコレートというと
虫歯になりそうなイメージがありますが、

チョコレートに含まれてるカカオパウダーには
歯周病予防効果があります。

 

ハッキリ言うと

チョコレートを食べて虫歯になるのは
含まれてる砂糖が原因なのです。

 

 

カカオの効果まとめ

チョコレートの成分であるカカオの効果は以上です。

 

カカオには意外な効果がありますが
ただチョコレートを食べればいいわけではなく、

 

カカオの成分が多いチョコを食べたり、
1日に食べるチョコレートの量を考えないといけません。

 

なのでチョコレートを食べてカカオの効果を得たい場合は
十分に注意をしないといけません。

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*