歳末の候の時期はいつからいつまでなの?

スポンサードリンク

歳末の候の時期って
いつからいつまでになるのか?

 

 手紙の挨拶として

歳末の候(さいまつのこう)

という挨拶が用いられますが、

 

歳末の候は時期として
いつからいつまで使えばいいのでしょうか?

 

なので今回は

歳末の候の時期はいつからいつまで

についてまとめてみました。

 

 

歳末の候は時期としていつから使う?

歳末の候は時期としては
いつから使っていけばいいのかと言えば

 

12月下旬頃

から使う挨拶だとされています。

 

歳末という言葉の意味は

年の暮れになりました=
今年ももう終わりになりました

となっていますので、

 

年の終わりを意味する挨拶として

歳末の候

という挨拶が使われています。

 

よく12月末になればデパートなどで
歳末セールを行う場合がありますが、

 

歳末セールとは

今年ももう終わりだから
年の最後のセールを行うという事です。

 

ちなみに12月下旬という事で
いつ頃から使えばいいのかと言いますと、

 

下旬というのは大体

20日頃~30,31日頃

まで使う言葉となっていますので、

 

歳末の候は12月下旬という事で

12月20日頃

から使い始めるのがいいでしょう。

 

そして、
12月の上旬や中旬は

まだ歳末の候という言葉を使うには
少々早い時期となっていますので、

 

12月の上旬や中旬頃には

師走の候(しわすのこう)

等の挨拶を使うようにして

 

(師走の候という挨拶については

師走の候の読み方はこうでいつからいつまで?

という記事を参照ください。)

 

12月下旬ころになってから

歳末の候

という言葉を使うようにしていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

歳末の候の時期はいつまでになるのか?

それで歳末の候という挨拶は
時期としていつまで使うものかと言えば、

 

当然ながら

12月いっぱいまで

使う事ができる言葉になります。

 

なぜなら、

歳末という言葉は
年の終わりを意味する言葉となり、

 

12月から1月になれば
新年を迎える事になります。

 

だから、
歳末の候という挨拶を手紙に書く場合も

 

新年を迎える前日の

12月31日まで

となっているわけです。

 

(当然と言えば当然なのですが)

 

そして、

1月になって新年を迎えた時は
年賀状などで新年の挨拶を行いましょう。

 

 

歳末の候の時期はいつからいつまでなのか?

歳末の候は時期としては

12月下旬(12月20日頃)~12月末(12月31日頃)

に使う挨拶とされています。

 

歳末の候を使うのが
12月末までというのは何となくわかると思いますが、

 

歳末の候を使う時期は

12月20日頃からというのが
基本となっていますので、

 

少し早い時期である
12月上旬や中旬に使わないように

気をつけていかないといけないですね。

 

なので、

使う時期を考えて
歳末の候という挨拶を手紙に書きましょう。

 

スポンサードリンク


関連記事はこちら

コメントを残す

*